マツコ・デラックスと有働由美が立花孝志相手に裁判

立花マツコ ネット
スポンサーリンク

こちらの喧嘩もかなり凄いことになって来ましたね。

立花氏がマツコ・デラックスさんが番組内で『気持ちの悪い』『宗教みたい』『みなんな冷やかしで票を入れただけ』などとコメントしたことに対する反論動画をアップしたわけですが、この時点でマツコさんサンドバッグ状態になってました・・・。

マツコ・デラックスと有働由美子の事務所が立花孝志を裁判で訴える準備を開始したようです

上の動画、はその第二弾の動画です。

立花氏が前回のYoutubeでアップした動画に対して番組で一緒になったマツコ・デラックスと有働裕子が一緒になって裁判で立花氏を訴えようと画策していることをマツコさんサイドのスタッフからリークが入っていると立花氏が発言。

しかも、立花氏は以前にNHKに勤めていた時に有働さんに関するお金を管理する仕事をしていたため、公言出来ないようなお金の動きがあった事実も全部把握しているとまで発言した訳です。

こりゃ、有働さんも立花さんのことは正に目の上のたんこぶ以上に邪魔な存在でしょうね。怖くて仕方ないと思いますよ。

これって、これまでのただの喧嘩とは訳が違いますね。

まさにテレビ権益の崩壊のプロローグといった感じで、時代が変わる音が聞こえて来そうです。

スポンサーリンク

マスコミ側の情報操作戦術が使えない

立花氏のあまりのスピード感にマツコさんサイドは一切手出しが出来ない模様です。と言うか、これについては、マツコさん何も言い返せないですよね。

別にマツコさん嫌いじゃないですけど、あれはちょっと言い過ぎちゃったかなって思いましたもん。正直言ってがっかりレベル。

これをターニングポイントにマツコさんの発言の説得力がどんどん弱まっていってしまうことだと思います。

でも、所詮作られたものですから・・・。元に戻るだけの話です。

ヘタに、言い返そうものならサンドバッグじゃ済まされないですよ。なんならもうテレビの世界に居られなくなってしまう可能性もあるんじゃないでしょうか。

民法と国営放送は違うと思われるかもしれませんが、構造上はNHKを中心にしてテレビカルチャーが作られてる訳で、NHKを批判するともうテレビ全体に出れなくなってしまうという哀しい構造があるんですよね。

立花氏が動画内で言っている様にまさにHNKの犬って訳です。

これまでは、弱い者の声は消されマスコミのバカデカい声で何でもコントロールして来た訳ですが、ネットが発達した今ではそれが出来ないですからね。

また、時間差を利用した情報操作でもしようとしようものなら、速攻で立花氏のYoutubeでカウンターパンチを食らうだけでしょう。

有働由美子さんも『NEWS ZERO』クビってことも充分あるぐらいの爆弾を立花氏は持ってると思いますから、身動きひとつ出来ない状況なんじゃないかなって思います。

スポンサーリンク

マツコさんは謝った方が得策

悪いことは言いません。もう少しテレビに出てお金を稼ぎたいと思えば、さらりと失礼なことを言ってしまいすいませんでした。と謝ってしまう方が得策かと思います。

ここは次の『五時に夢中』でさらっと謝ってしまった方が得策な気がしますよ。

これまでは『ただのオカマの意見』として言いたい事言ってきたみたいですけど、あそこまで影響力とお金持っちゃうとテレビ局の意思そのものになるしかありませんからね。

どちらかと言うと大変なのは有働さんなのかな?って気もします。

どちらにしてもこのまま黙ってスルーは出来ないと思います。

ネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
michiをフォローする
テレビ VS ネット動画|出来事から読み解くバビロンの崩壊

コメント

タイトルとURLをコピーしました