ちぃたん☆が消える?しんじょう君との酷似問題はなぜ拗れているのか

ちぃたんしんじょうくん酷似 ニュース
スポンサーリンク

高知県須崎市を舞台に繰り広げられているカワウソのゆるキャラ、しんじょう君とちぃたんが酷似してる問題。

どちらも一歩も引かずにかなり泥沼化していましたが、仮処分申請が却下されたことで『ちぃたん☆』の使用、活動の停止はしなくて大丈夫になったようです。

話は『ゆるキャラ』ですが、大人のゆるくない事情があるようですw。

スポンサーリンク

ちぃたん☆としんじょう君の酷似問題が起こった理由と経緯

まず最初、2013年に須崎市が市の公式キャラクターとしてしんじょう君を誕生させました。

このキャラクターは市の公式のため税金などで作られているものと思われます。

そして、いっぽうの『ちぃたん☆』は実はクリーブラッツという『仮面女子』などのアイドルグループも所属している芸能事務所が手がけていて、権利を持っているキャラクターなのです。

スポンサーリンク

なぜ、クリーブラッツが市の観光大使のキャラクターを手掛けたのか

このクリーブラッツという芸能事務所は元々コツメカワウソを飼育していて、そのカワウソの可愛い仕草などをYoutubeにアップしており、そこそこ再生回数もあったようです。

そして、その芸能事務所はこの本物のカワウソの『ちぃたん☆』の観光大使就任を市に立候補し、市はそれを受け入れたという形です。

しかし、話はそこで終わらず、クリープラッツはこの『ちぃたん☆』をしんじょう君のデザイナーに依頼をして同じような顔立ちのゆるキャラを誕生させ、そのまま観光大使を自称していたということなんですね。

市としても、最初は黙認していたようですが『ちぃたん☆』の過激なYoutube動画がテレビなどが拡散されるようになると、市に対して『子供がマネする』『暴力的』などの批判が集まったため、市が『ちぃたん☆』の活動停止を求めているという訳です。

グイグイと市に近づいて仕事を取ったクリーブラッツってかなりしたたかな芸能事務所ですね(笑)。

と言うか、ちょっとガツガツし過ぎてる気がします。途中に市と話合うことも出来たはずなのに、ここまで話が拗れてしまったのは、『自分達の方が人気があるのに、なんでダメなの?』ぐらいにしか考えて無かったからではないでしょうか?

スポンサーリンク

おそらく、しんじょう君(須崎氏)側はちぃたん側を控訴すると思われる

ちぃたんしんじょうくん酷似
「妖精ちぃたん☆」メインイラスト

市としてはあくまでもPRのためのキャラクターですが、ちぃたん☆は完全にお金儲けのために大人たちが考え出したキャラクターですからねw。

しかし、お金儲けであっても、PRであっても基本的なノウハウは同じなはずですから、なんとか落としどころが見つかるといいですね。

実際、しんじょう君の知名度も上がって市のPRにも結果的には繋がってますしね(笑)

どちらにしてもなんとか、首の皮が繋がったちぃたん☆ですが、これからの活動はあまり過激に出来なくなるかもしれませんね。

放送中止となった幻のアニメ『ちぃたん☆』の放映はあり得る野でしょうか?(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました