志村動物園に出て来る白井家族はどうして母親を『神』と呼ぶの?どんな人?

白井家神どうして テレビ
スポンサーリンク

白井家とは、志村動物園の中に登場し、祖母、母親、長男、次男、長女、次女の6人家族で静岡県の郊外で動物の世話をしながら生活している家族です。

特に長男と次男がビジュアル系さながらのイケメン兄弟ということと、美人のお母さん、姉妹であることが話題となり、番組内でもこの家族を取り上げる回は毎回視聴率も良いようで、最近はちょくちょく登場するようになりました。

そんな白井家の中でちょっと気になるのが、家族が全員お母さんのことを『神(かみ)』と呼んでいるってところなんですよね。

多分、コーナーが始まる時にはその理由も言っているのだとは思いますが、僕は途中から見ているので、家族がどうして母親の由紀子さんのことを『神(かみ)』と呼んでいるのか解らなかったので、調べてみました。

ちなみに、白井家の家族構成はこんな感じです。

白井家神どうして

・祖母
・母:由紀子
・長女:悠流(ゆら)
・長男:鴻明(こうめい)
・次男:迅(じん)
・次女:凛(りん)

スポンサーリンク

白井家の子供達が母親を神と呼ぶのは感謝の気持ちから

兄弟はみなやんちゃな雰囲気を持ちながらも、動物好きで、兄弟姉妹の仲も良く、凄く素直に育っている印象があります。

そして、食事の支度から家事の殆どをこなしながら、仕事(現在英会話の先生をしてるとのこと)もして一家の大黒柱として働いている母親のおかげで今の生活が成り立っていることをみんな理解しているから『神なる存在』として『神』と呼んでいるらしいですw。

家族のインスタの書き込みなどから、神は既に離婚しており、シングルマザーとして子供たちを育てたとのことで、そういう苦労も含めて全て見ているからこそ、子供達も母親のことを神と崇めるぐらいに尊敬しているんでしょうね。

前回は、母親(神)が1週間家を空けるということで、兄弟妹が協力し合って神不在の中、家事や動物の世話に奮闘するという回でしたが、その様子を見てたら、正に『神が不在』といったかんじであたふたする様子が面白かったです。

番組内では『父親』や『神の結婚』については一切触れられていないため、真実のところは不明です。

スポンサーリンク

白井家には母親が神と呼ばれていること以外にもミステリアスな部分が多い

白井家内で母親が神と呼ばれていることや、父親に関して一切触れられていないこと、本当に母や親(神)だけの収入で動物のエサ代めやっているのか、などなど志村動物園で白井家を見ていると様々な疑問が浮かぶ時があります。

そういうミステリアスな部分が多いということも、この白井家に人気が出ている理由かもしれませんね。

スポンサーリンク

志村動物園の白井家と神についてのツイッターでの声

テレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
michiをフォローする
テレビ VS ネット動画|出来事から読み解くバビロンの崩壊

コメント

タイトルとURLをコピーしました