ツイッターの『ブルーベリーフラペチーノ』にまつわる怖い話!謎のアカウントの目的は?

ブルーベリーフラペチーノ ネット
スポンサーリンク

ここ数日、一瞬ですが『ブルーベリーフラペチーノ』というキーワードが急上昇しました。『ブルーベリーフラペチーノ』と言えば人気カフェの新メニューの名前みたいですが、スタバではそのような新作は出していないとのこと・・・。

実は、この『ブルーベリーフラペチーノ』がトレンド入りした理由はスターバックスの新作とは全く無関係でツイッターのある不可解な呟きをするアカウントが突然大量に表れたことにあります。

今回はこの『ブルーベリーフラペチーノ』のキーワードがトレンド入りした理由となった謎のアカウント騒動についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブルーベリーフラペチーノ騒動の内容と経緯

そのツイッターアカウントは『久々のツイート 春休みって眠たすぎる』とツイートした後に『ブルーベリーフラペチーノ~』というコメントをつけてブルーベリーフラペチーノらしき画像をアップしました。

そしてその後に『噂の力ってすごい』と前置きし『よく考えたらコロナウイルスかかってる人あんまりいないよね』と呟いているのです。

別に個人的な意見としてであれば『まあまあそういう見方もある』といった内容なのですが、これと全く同じ内容のコピーを呟くアカウントが複数存在することが確認され問題視されているという訳です。

これは怖い・・・。

明らかに『複数人』というよりも、機械的に大量のアカウントを作ってバラまいていることが分かります。

スポンサーリンク

ブルーベリーフラペチーノ騒動のツイッターアカウントの目的は何か?

この工作をしている人物は明らかに『コロナウィルスに対する一般的な認識を操作しようとしている』ことは解りますよね。これにどれほどの印象操作の効果があるかどうかは別として・・・。

現在は既にこれらのアカウントはツイッター運営側によって凍結されているとのことです。

ツイッターのBot使うってところがちょっと古い・・・と思わなくもありませんが、もし誰も気づかずにこれを目にしていたらちょっとだけ『まあ、そうだね』って思っちゃうところもあるから、なんとも薄気味悪いですよね。

ハッキリとした目的は解りませんが、それなりに手間やリスクを犯してまでもコロナウィルスから国民の意識を逸らしたい人がやっていることは間違い無いと思います。

また、我々から見れば『こんな幼稚なやり方で世論操作なんで出来るの?ww』って感じですが、何かしらのデータを元に計算をしたうえで実行している可能性も否定はできません。

スポンサーリンク

ブルーベリーフラペチーノアカウントは広告会社『電通』の仕業?

このブルーベリーフラペチーノのツイッターアカウントが話題になったのは数週間前のことなのですが、最近『電通案件疑惑』が浮上している『100日後に死ぬワニ』でも、全く同じような手法で『100日後に死ぬワニ、どうなるんだろ~続きが気になる』という同じ内容をつぶやくアカウントが大量に出現し話題になりました。

あらかじめ、2、3回それらしいツイートをしてから本題を呟くあたりが『ブルーベリーフラペチーノ』と酷似しており、広告会社である『電通』の仕業なのではないか?という噂が浮上しています。

しかし、電通は『企業』なので、そこに利益が発生しないと動く理由がありませんよね。

まさか、日本政府が電通に依頼をして・・・なんてことは考えたくありませんが、そう考えるとつじつまが合ってしまうのがさらに怖いところですね。

スポンサーリンク

ブルーベリーフラペチーノ騒動を起こしたのは日本政府?

一部では、このブルーベリーフラペチーノのツイッターアカウントの主は日本政府の陰謀では?という話にまで発展しているようですが、それも無くはないですよね。

なんとしても2020年のオリンピックを開催して成功させたいという気持ちが一番強いのは日本政府と言っても過言ではありません。

内容からしても個人的なレベルでの意図が感じられないため、直接的に日本政府が指示しているかどうかは別として、何らかの形で世論操作を請け負う機関が動いている可能性は高いです。

こういった印象操作が得意な団体(企業)と言えば広告会社が真っ先に思いうかびますけど・・・これ以上言うのは止めておきましょう(笑)

どちらにしても、こういった方法で市民の意識を操作しようとする力が働いているんだってことは常に意識しなければいけないと思います。

スポンサーリンク

ツイッターでのブルーベリーフラペチーノ騒動にまつわる怖い話 まとめ

逆に言うとこんな情報操作をしなければいけないほど自体は深刻なのかという見方も出来ます。

今のところ感染を広めない為の対策は手洗いうがいやマスクの着用など、出来ることは限られていますが、情報についてはキッチリと自分自身で精査して、自分自身で選択していくしか無さそうですね。

このように、何気ないツイッターのツイートにも誰かが誰かの意識を操作しようと罠を仕掛けてていると思うと薄気味悪さしかありませんが・・・。

ネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
michiをフォローする
テレビ VS ネット動画|出来事から読み解くバビロンの崩壊

コメント

タイトルとURLをコピーしました