沢尻エリカ逮捕でHNK大河ドラマ『麒麟がくる』の濃姫役をするのは誰?

沢尻エリカ大河ドラマ代役 エンタメ

来年2020年の1月からスタートするNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』で沢尻エリカさんは信長の正妻となる濃姫役を演じており、すでに10話まで撮影が進んでいました。

今回沢尻エリカが逮捕されたことで代役が誰になるかと話題になっていますが、どうやら数人に絞り込まれているということが判明しているようです。

※記事のトップ画像は2016年にフジテレビで放送された『大奥』のものです。

『麒麟がくる』の濃姫役を立てることが決定、剛力彩芽さんの名前も・・・

NHKは17日の時点で沢尻エリカ容疑者が演じる濃姫に代役を立てて撮影をし直すことを決めていました。

その時点では、人気ドラマ『あまちゃん』で主演をつとめたのんさんや、最近ZOZOの創設者である前澤氏の元カノである剛力彩芽さんなどの名前が挙がっていましたが、スポニチによると、その2人以外で3人の女優が最有力候補として絞られていると報じました。

確かに、のんさんも剛力彩芽さんもスケジュールの都合で言えば『丁度いい』のかもしれませんが、NHKとしてはスキャンダルによる女優の代役ですからここで『お騒がせ女優は使いたくない』というのが本音ではないでしょうか?

のんさんについてはファンからの強烈な熱望もありますが、かなり感情的に激しい役回りだと思われるので、しばらくの期間芸能界から干されていたのんさんの起用は躊躇すると思います。

HNK大河ドラマ『麒麟がくる』で沢尻エリカが演じる予定だった濃姫の代役を決める条件とは?

NHKとしては大河ドラマの代役ということで『時代劇経験者』で、一年間スケジュールを抑えることが出来る女優というふたつの条件を決めていました。

これから直ぐに撮影に入らなければならないので時代劇特有のセリフ回しや所作など、経験のある女優さんでないと代役を務めるのは難しいですよね。

まあ、時代劇経験者の女優ということであれば結構いるとは思いますが、難しいのが撮影のため『1年間スケジュールを確保出来る女優』という条件ですね。

HNK大河ドラマ『麒麟がくる』の濃姫役で絞られた女優3人は誰?

今回の代役騒動で名前が挙がっている3人は蒼井裕さん、広末涼子さん、貫地谷しほりさんのです。

凄い豪華なメンバーですよね(笑)。

この3人の面子を見ると今回沢尻エリカ容疑者が演じる予定だった濃姫の役はかなり重要な役なんだと改めて思います。

3人とも時代劇経験者ということですが、急遽これから先の1年間のスケジュールを抑えることが出来るというのは意外ですね。

沢尻エリカ逮捕でHNK大河ドラマ『麒麟がくる』の濃姫役をするのは誰?まとめ

沢尻エリカの濃姫代役については近日発表されると思いますが、この3人のうちの誰かが急遽の撮り直しでどんな演技を見せるのかもある意味ドラマの見どころとなりそうです。

撮り直しにかかる費用は国民から徴収した視聴料でまかなうということを考えると無理して撮り直しなんてしなくても良いのでは?と思っていしまいますが、それだけ薬物問題というのは重要な犯罪だということですね。

個人的には沢尻エリカ容疑者の濃姫役が見たかった気がしますw。

コメント

タイトルとURLをコピーしました