2019年9月のインフルエンザの影響で学級閉鎖が急増している意外な理由

9月インフルエンザ ニュース

だいたい9月ぐらいになるとインフルエンザ対策がどうのこうのって聞きますけど、令和元年の2019年も早速インフルエンザが猛威を振るっていて、学級閉鎖となる学校も急増しているそうです。

9月にインフルエンザが感染拡大する意外な理由とは?

9月だから、空気が乾燥してインフルエンザが感染しやすくなるのかな、と勝手に思っていましたが、その他にも海外旅行に行った家族がインフルエンザを持ち帰って来る場合や、生徒同士の接触によりインフルエンザが感染する等、感染拡大の理由は色々なタイミングが重なって起こっているようです。

今では空港での水際対策もかなり厳しくなり有効的になっているとは思いますが、この時期になると必ずインフルエンザの感染経路とかテレビでやりますもんね。

なんの意味があるのかはよく解りませんが(笑)。

もちろん、マスクや手洗いうがいなどやれることはやりますが、かかる時はかかりますからね。

今年の9月は暑さの余韻で免疫力が下がっていてインフルエンザに感染しやすい

今年の夏もかなりの猛暑となりましたが、この猛暑により体力と共に免疫力が低下してしまったこともインフルエンザ感染の理由のうちのひとつだと思います。

風邪もそうですが、インフルエンザは免疫力の弱い状態の人から感染していきますので、しっかりと暑さ対策もしながら、手洗いうがいでインフルエンザに備えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました