二階堂ふみの元彼がモデルのラブリと結婚!米倉強太(よねくらごうた)ってどんな人?

二階堂ふみ元彼結婚ラブリ ニュース
スポンサーリンク

モデル、タレント、作家として幅広く活躍するラブリさん(白濱愛:しらはまいずみ)さんが自身のインスタグラムで結婚を発表しました。

気になるお相手は元モデルで映像作家の『米倉強太(よねくらごうた)』さん。

『いったい誰?』と思われた方がほとんどだと思いますが中には『なんか聞いたことある名前だな~』と思った人もいるのではないでしょうか?

実はこの米倉強太(よねくらごうた)さんは2017年に女優の二階堂ふみさんと熱愛を報道され時の人となった人物です。

つまり二階堂ふみさんの『元彼』となります。

結婚を発表したラブリさんのインスタグラムはこちら

スポンサーリンク

元彼が超有名人ばかり!二階堂ふみの歴代彼氏

ラブリさんには申し訳ありませんが、ここで少しだけ二階堂ふみさんの元彼達に少しだけスポットを当ててみたいと思います。

というのも、二階堂ふみさんと言えば歴代の元彼達が揃って注目を集める人気者ばかりであることで知られていて、まさに『魔性の女』と言われるほどなのです。

2017年3月:フライデー
二階堂ふみ元彼2
2013年6月:フライデー

二階堂ふみと過去に噂になった元彼達

二階堂ふみ元彼

染谷将太(超個性派俳優)

新井浩文(強〇罪で逮捕された元俳優)

オカモトレイジ(オカモトズのドラム)

星野源(ドコモCMのマネージャー)

菅田将暉(オニちゃん)

米倉強太(ラブリと結婚を発表)

などなど・・・

これらの個性派の人気俳優達に混ざって二階堂ふみさんの元彼として名前が挙がるのが今回ラブリさんとの結婚を決めた『米倉強太』さんです。

かなりモテモテの二階堂ふみさんと別れて人気モデルのラブリさんと結婚なんて・・・これまたモテモテの米倉強太さんとはいったいどんな人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

ラブリさんが発表した結婚相手『米倉強太』さんってどんな人?

米倉強太さんは多摩美術大学在学中にメンズノンノのモデルとして活躍していました。同期のメンズノンノモデルには坂口健太郎さんがいらっしゃいます。

ちなみに、二階堂ふみさんとは同期の坂口健太郎さんを通じて知り合ったとされています。

大学3年生の時にメンズノンノのモデルを引退、その後映像制作会社を立ち上げ代表となり、また自身も映像作家として活動を開始しています。

米倉強太さんは家族も有名人のサラブレッド

米倉強太さんの祖父は見川鯛山さん。数々の著書を残している有名な医師であり、その人生はテレビドラマの題材にされるほどの人物です。

見川鯛山による著書

『田舎医者』(角川書店、1964年)(毎日新聞社、1974年)(集英社文庫、1980年)
『医者ともあろうものが・・・』(毎日新聞社、1973年)(集英社文庫、1981年)
『続・医者ともあろうものが・・・』(毎日新聞社、1973年)(集英社文庫、1983年)
『本日も休診』(毎日新聞社、1974年)(集英社文庫、1984年)
『また本日も休診』(毎日新聞社、1976年)(集英社文庫、1987年)
『山医者のうた』(毎日新聞社、1979年)(集英社文庫、1989年)
『スキー万歳』(平凡社、1979年)
『山医者の茶飲み話』(毎日新聞社、1982年)
『山医者のちょっと一服』(毎日新聞社、1985年)(集英社文庫、1991年)
『山医者がんばる』(毎日新聞社、1988年)
『山医者健在なり』(毎日新聞社、1993年)
『山医者の読みグスリ』(毎日新聞社、2001年)
『山医者の毒にもクスリにもならない話』(ドリーム舎、2003年)
『山医者のちょっとは薬になる話』(『見川鯛山、これにて断筆』、フーガブックス、2004年)

出典:Wikipedia

また、母親はイラストレーターの米倉万美(よねくらまみ)さんで、そのまま絵本になるような柔らかいタッチのイラストで知られています。

米倉強太さんが2015年に監督したショートムービー

米倉強太が初監督したショートムービー「Atelier」

米倉強太さんのインスタグラムはこちら

人気女優との熱愛を経て、人気モデルと結婚・・・、華やかな恋愛遍歴を持つ米倉強太さんですが、映像作家としての代表作はまだ無いようです。

ラブリさんを射止め、公私ともに充実した米倉強太さんの今後の活躍に期待したいと思います。

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
michiをフォローする
テレビ VS ネット動画|出来事から読み解くバビロンの崩壊

コメント

タイトルとURLをコピーしました