N国、立花孝志の次の標的は爆笑問題の太田光!いよいよバトル勃発

太田光N国立花 ネット
スポンサーリンク
爆笑問題【太田光】さん是非直接会ってお話させて頂きたいと思っています。

5時に夢中の番組内でのマツコ・デラックスさんが言ったN国党に対するコメントに対して、謝罪、もしくは反論を求めるため、立花議員が東京MX前で3週に渡り直接マツコ・デラックスを出待ちを行いました。

テレビ業界内では、この問題に触れることはある種のタブーとされているようですが、そんな中、自分のラジオや番組内で、一連の立花孝志議員の言動を批判し続けているのが爆笑問題の太田光さんです。

昨日、その太田光さんが続けている批判に対して沈黙していた立花議員が、Youtubeで太田光さんに対して直接対決を申し込みました。

スポンサーリンク

太田光さんが、自らのラジオ番組でN国党の立花議員を猛烈批判

爆笑問題太田光 立花孝志に苦言

太田光さんの前には『YES高須クリニック』でお馴染みの高須院長がツイッター上にて立花議員のマツコ・デラックスさんに対する言動を批判、これに応える形でニコニコ生放送にて高須院長と立花議員が直接対談を行いましたが、残念ながらまともな議論にならず高須院長が失笑を買い終了(笑)。

爆笑問題の太田光さんと言えば、マツコ・デラックスさんと同様、歯に衣着せぬ意見を言うキャラクターですが、マツコ・デラックスさんよりは知性派として見られていて、高須院長よりも実のある議論になるのでは無いか?とネット上では大きな注目を集めています。

このことがネット上で炎上的に話題になればなるほど、『この問題について取り上げないテレビ』に疑問を持つ人が増えることになりますので、立花議員の考えとしては全て計算通りということになります。

スポンサーリンク

太田光さんは立花議員の本意を理解しているのか?

太田光さんは、この騒動に対して冷静な視点を持っているのかな?と思っていましたが、ラジオ内での発言などを聞いていると、若干感情論に走っているのでは?と思うところもあります。

『このままじゃアイツ(立花氏)はテレビに出ずらくなるよ。

それじゃ目的が達成できないのではないか?』等と批判していましたが、これに対しても立花氏は『テレビに出ることが目的ではない』と明言し、太田光さんに対して一定のリスペクトを示しつつも『直接会って話がしたい』とYoutubeで呼びかけました。

太田光さんは、この騒動について取り上げないテレビに対して疑念を抱いているような発言もありましたが、このこと自体『太田光は問題の本質を理解しているのか?』と疑ってしまいます。

と言うのも、テレビ業界の上層部はこの問題を大きくして欲しくないと強く望んでいるからです。

もし、太田光さんと立花氏が直接対談なんてことになれば、世間は注目しますし、テレビでも取り上げないことがどんどん不自然になっていくでしょう。

そうなると、困るのは何処か・・・?

そう、NHKなんですよねw。

スポンサーリンク

太田光さんは多分正義感から立花議員を批判しているがしかし・・・

太田光立花孝志N国

僕も爆笑問題も、太田さんも好きなので、一連の批判も太田さんらしいとは思うのですが、命をかけた立花氏に安易に絡み過ぎたかな?とは思っています。

本人は『太田よく言った!』と言われるぐらいのことを言ってるつもりかもしれませんが、恐らくテレビ業界の上層部を含め多くの人達は『余計なことするのは止めてくれ!』と思っているのでは?と思うからです。

スポンサーリンク

太田光さんと立花孝志氏が直接対決したら恥をかくのはどちらか?

この直接対談が実現するかどうかは別として、問題の本質が見えているのは立花氏であって、太田光さんは、立花氏の言動の一部を切りとって批判しているに過ぎません。

立花氏は太田光さんも知らないようなNHKや、テレビ業界の裏側、闇について知っていることがあるはずです。

そして、そのことはテレビによってお金を稼いでいる太田光さんにとっても知りたくない話しだからです。

恐らく、太田光さん自身は『芸人なんだから、テレビがなくても舞台がある』ぐらいの考えかもしれませんが、太田さんの奥さんは芸能事務所の社長で、まさにテレビによって巨万の富を築いている人です。

また、太田光さんが所属する事務所タイタンは、立花氏も尊敬する橋本弁護士が所属していることから、立花さん側もある程度は慎重になっていることとは思います。

スポンサーリンク

もし太田光さんの立花批判がトーンダウンしたら、闇の力が働いた証拠

もし、今太田光さんが行っている立花孝志氏に対する批判の熱がトーンダウンしたとしたら、それは明らかに何かの力が働いたとみていいでしょう。

ですから、太田光さんがこのまま対決をしたとしても、しなかったとしても立花氏に軍配が上がることは間違いありません。

太田光さんにも守らなければならないものがたくさんありますからね。

それに対して、立花氏は真実を味方につけて恐れるものが少ない状態です。

どちらにしても、何かしらの動きが必ず起こるでしょうから、今はこの2人から目が離せないですね。

スポンサーリンク

まとめ

立花氏のパフォーマンスのおもしろおかしい部分だけ切り取っても、騒動の本質は見えてきませんよね。

どちらが正しいとか間違ってるとか、単純に即答出来ることでもありません。答えが判らないこと混乱する訳ですからね。

この問題の本質を『立花議員は変な人』という単純なことにすり替えて思考停止している人は結構いるように思います。

時代の流れの中大きな何かが変わろうとしているように僕には見えます。

スポンサーリンク

立花孝志VS太田光の直接田対決に対するツイッターでの反応

おそらく、両者とも立場も視点も大きく異なっていると思うので、高須院長のようなちぐはぐな対談になってしまう可能性もありますが、そうなればなったで見ている人が疑問を感じることになるでしょうから、立花氏の計算通りということになりますね。

ネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
michiをフォローする
テレビ VS ネット動画|出来事から読み解くバビロンの崩壊

コメント

タイトルとURLをコピーしました